ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化で起こり得るリスクや業者への依頼等について

クレジットカード現金化で起こり得るリスクや業者への依頼等について

現金を手に入れる方法の1つとして、ショッピング枠を現金にするクレジットカード現金化が挙げられます。
自分で行う場合は、カード会社に発覚する可能性が高いです。
ショッピング枠で購入した商品は代金を完済するまでカード会社に所有権があり、転売目的でショッピング枠を使うことは多くのカード会社が認めていません。
個人でショッピング枠を使って商品を購入すると購入履歴が全て残り、カード会社は転売が疑われる利用者を常に監視しています。
換金率の高い商品を大量に購入したり換金率の高い高額商品を購入したり、換金性の高い商品の購入履歴が多数あったりする場合は転売が疑われます。
そのような行為はカードの利用規約に触れるので、カード利用停止になるリスクが高いです。
他にも、クレジットカードのキャッシング枠を目一杯まで使い切っている状態で、ショッピング枠で換金性の高い商品を購入するとカード利用停止になり得ます。
最初に利用停止になった場合は本人への注意喚起が目的なのでいずれ利用再開になりますが、その後も転売目的が疑われれば強制退会になる可能性があります。
そしてクレジットカード現金化によってカード会社から処分を受けると、自己破産を申請した場合に裁判所から免責が不許可になる場合があります。
したがって、どうしても現金が必要であれば、リスクを回避するために業者に依頼してショッピング枠を現金にするという方法が安全です。
ただし、後からカード会社に返済する金額の方が大きくなるので、計画的に行う必要があります。

口コミで人気のビックギフト